TALK SHOW

2001年「EXILE」のPerformerとして、「Your eyes only〜曖昧な僕の輪郭〜」でデビュー。Performer以外にも、2006年6月、舞台「The面接」に出演、劇団EXILEでは2007年の「太陽に灼かれて」、2008年の「CROWN」に出演するなど、役者としても活動。
2009年「北の国から」の杉田成道氏 演出・芥川賞作家 唐十郎氏作品 舞台「蛇姫様-わが心の奈蛇-」にて初単独主演をつとめた。さらに、本場NYのダンサーの実力にも劣らない独特のダンスセンスを持つÜSAは、日々"DANCEのROOTS"を追求。2006年より「ダンスは世界共通言語」をテーマにDANCE EARTHの活動を開始し、世界各国の踊りを直に体感する旅に出る。これまでに約20カ国のその土地由来のビートを乗りこなし、そこで得た経験を基に書籍、絵本、舞台、映像作品の制作など様々な形で自身の想いを発表している。2013年からは「DANCE EARTH JAPAN」と題し、日本全国の祭りに参加し日本の踊りを巡る旅を開始。
また2013年から楽曲ごとにメンバーを変えてDANCE EARTHの想いを音楽で表現していた「DANCE EARTH PARTY」を、2015年よりEXILE TETSUYA、Dream Shizukaを正式メンバーとして本格始動させ3人による新たな音楽の旅をスタートさせる。2015年11月25日には3人となってから2枚目となるシングル「DREAMERS’PARADISE」をリリース。

日本が誇る伝説的ロックバンドLUNA SEAのギタリスト。
2010年活動再開後、日本のみならず海外でもツアーを行なう等精力的な活動を継続しており、今年12月にはさいたまスーパーアリーナでの2daysライブも発表されている。
また、ソロ活動も併行して行なっており、4月5日渋谷クラブ・クアトロを皮切りに全国ツアーも控えている。
昨年12月、ウルトラプレミアムテキーラ「パトロン」とアジア初のコラボを行い、INORANプロデュースの限定ボトル「PATRONバレルセレクトINORAN ボトル」が発売され、発売当日数時間で完売し大きな話題を呼んだ。

GUEST DJ

DJ IMALU

DJ SARASA

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • spoundcloud
DJ SARASA's Regular Party!
SPEAKEASY
Every 1st Sunday (第一日曜日) 4-9pm
@ Commune 246

グラミー賞受賞アーティストQuestlove(The Roots)もツイッターで「DJ SARASA is an ill DJ(DJ SARASAはヤバいDJだ)」と大絶賛するなど、独自の世界観とDJスキルを持ち、日本はもとより世界を股にかけるインターナショナルDJとして活動している。

これまでGeorge Clinton(at Billboard Live Tokyo)やThe Roots(at Blue Note Tokyo)の前座を務め、Michael Jacksonのアルバムリリースの際にはタワーレコード渋谷店で行なわれたインストイベントでDJを任された。2015年にはニューヨークディスコサウンドのトップレーベルSalsoul Recordsの音源を使用したオフィシャルミックスをリリースし、全国的に話題を呼ぶ。文化人として会津大学に招聘され、講演をしたほか、NHKの番組「Eダンス★アカデミー」へのゲスト出演や、キッザニアにてDJを教えたりと、幼い子供達の可能性を広げる活動にも力を注いでいる。

さらに東京を代表する新世代のファッションアイコンとしてさまざまな雑誌でその着こなしがピックアップされ、Louis Vuitton、Rugby by Ralph Lauren、FURLAなどをクライアントに、ブランド主催のパーティや『VOGUE Fashion Night Out』などでもDJも務めてきた。さらに独自のワールドワイドなコネクションにより、Ghostface Killah やTalib Kweli のPVにも出演をしている。

  日本を代表する鞄メーカーMaster-Piece x DJ SARASA シリーズ「Bag of Noise」は販売と同時に品薄に。
クリエイターとしてプロデュースを手がけたLINEスタンプ「Hip Hop Friends」はスタンプ販売ランキングの全米1位を獲得し、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、カザフスタンなどを含む20カ国以上へ配信が拡大中。さらに自身のアパレルブランドMYNORITY CLASSICSから発売したHip Hopトランプ、Hip Hop Subwayカレンダーは世界的なヒットとなり、トランプに関してはSnoop Doggのインスタグラムに載るなど、その評判はワールドワイドに広がっている。

また、彼女のプロジェクトXXX$$$(エクセス)はウクライナ人のプロデューサーXLIIと共に繰り広げる雷のように素早いミックスと、パンクバンドのように激しく踊りながら演奏する大胆なパフォーマンスは大きな話題になり、2015年にはDavid GuettaやSkrillex、DJ Snakeらがヘッドライナーを務めた『Ultra Japan』でもメインステージにてプレイを披露した。

LIVE

口で様々な楽器音を奏でる「ヒューマン・ビートボックス」奏者(=ヒューマン・ビートボクサー)。
iPadなどの電子機材によってビートボックスや声を次々重ねていくことで楽曲を構築・演奏していく独自の奏法を持つ。
19歳でアメリカでのビートボックスの大会で優勝したほか、パリファッションウィーク(パリコレ)での「MIHARAYASUHIRO」のショウとのコラボライヴ、米ロックバンドMaroon 5からパフォーマンスを絶賛されるなど、国内外で活躍中。
2016年3月より、大型フェス「SXSW」への出演を皮切りに、全米ツアーを敢行する。