TALK SHOW

2001年「EXILE」のPerformerとして、「Your eyes only〜曖昧な僕の輪郭〜」でデビュー。 Performer以外にも、2006年6月、舞台「The面接」に出演、劇団EXILEでは2007年の「太陽に灼かれて」、2008年の「CROWN」に出演するなど、役者としても活動。
2009年「北の国から」の杉田成道氏 演出・芥川賞作家 唐十郎氏作品 舞台「蛇姫様-わが心の奈蛇-」にて初単独主演をつとめた。 さらに、本場NYのダンサーの実力にも劣らない独特のダンスセンスを持つÜSAは、日々"DANCEのROOTS"を追求。2006年より「ダンスは世界共通言語」をテーマにDANCE EARTHの活動を開始し、世界各国の踊りを直に体感する旅に出る。これまでに約20カ国のその土地由来のビートを乗りこなし、そこで得た経験を基に書籍、絵本、舞台、映像作品の制作など様々な形で自身の想いを発表している。2013年からは「DANCE EARTH JAPAN」と題し、日本全国の祭りに参加し日本を踊る旅を開始。
また2013年から楽曲ごとにメンバーを変えてDANCE EARTHの想いを音楽で表現していた「DANCE EARTH PARTY」を、2015年よりEXILE TETSUYA、Dream Shizukaを正式メンバーとして本格始動させ3人による新たな音楽の旅をスタートさせる。2017年2月1日にはDANCE EARTH PARTYとして初めてのアルバム「Ⅰ」(読み方:ワン)をリリース。

幼少の頃よりJAZZ, HIP HOPダンスをはじめる。
語学を学ぶためカナダの高校へと留学。帰国後ファッション誌でモデルデビューした後、アーティストやタレントとしてTVや雑誌で活躍。DJとしてもクラブやフェスの出演や、海外のトップブランドのパーティーに出演するなどDJ Tibby a.k.a. IMALUとしても活躍中。
最新情報は、www.littletokyo.jpをチェック!

DJ

  • DJ GEORGE
  • DJ GEORGE
  • DJ DISCODADZ
  • DJ DISCODADZ

LIVE

口で様々な楽器音を奏でる「ヒューマン・ビートボックス」奏者(=ヒューマン・ビートボクサー)。
iPadなどの電子機材によってビートボックスや声を次々重ねていくことで楽曲を構築・演奏していく独自の奏法を持つ。
19歳でアメリカでのビートボックスの大会で優勝したほか、パリファッションウィーク(パリコレ)での「MIHARAYASUHIRO」のショウとのコラボライヴ、米ロックバンドMaroon 5からパフォーマンスを絶賛されるなど、国内外で活躍中。
2016年3月より、大型フェス「SXSW」への出演を皮切りに、全米ツアーを敢行する。